スクリーンショット 2021-03-30 7.54.18.png
HIKARIヒーリング

はじめまして。
“ランプライトアニマルヒーリング” ヒーラー Chaky です。

 

神様とヒトを繋ぐお役目の祖母の家系に生まれ、幼少の頃より、洋の東西を問わず神様や魂の教えと共に育ちました。

神道系のマントラや高次元の光に満ちたヒーリング(修法)なども授かってきました。

元来の高次元の光に満ちたヒーリング=ヒーリングの根源のエネルギーである地球と大宇宙、そして主なる存在のエネルギーによるヒーリングをメインの柱に、
その対象の方(動物)を助けたいと思っている守護的存在(天使のような高級霊や、亡くなられた身近な関係者など)、
また、その病気に精通した天界の医療系団のお力までもをお借りするヒーリングを、必要に応じて統合して用います。

自らの研鑽のために気功に親しみ、修練中。

(臼井式レイキヒーラー、カルナレイキヒーラーでもあります。)

ヒーラー自身は、ヒーリングエネルギーを通していただく光のパイプに過ぎませんが、

ヒーリング前には、その方(動物)の辛い状況が改善するよう、明確に望む状態への意識設定をし祈りも込めます。

ヒーリングによって、直接的な快方や改善の他、奇跡的な出会いに導かれることも非常に多くみられます(最適な医療、最適な情報など)。

原因不明の高熱が何日も下がらなかった猫さんが、ヒーリング後に熱が下がったり、

腎臓の末期の高齢の猫さんが、元気いっぱい今までしたことのないマーキングまで始めてしまうなど、動物たちの素晴らしい力を何度も目の当たりにさせていただきました。

ただし、ヒーリングをしても快癒しない病気(症状)も残念ながらあります。

病気には寿命により手を尽くせないものや、その病や症状を抱えている経験こそが人生の課題(魂の約束)そのものである場合もあるからです。

そうした場合でも、ヒーリングによって具合の悪い状況が改善されたり、穏やかに過ごしていただけたり、旅立ちが楽になったりします。

 

屋号の”Lamplight”は、暗闇で足元を照らすランプの光、道案内に寄り添う優しく暖かき光ですが、ヒーリングの際に降ろしていただく光は、圧倒的な光です。


この大いなる光に満ちたシンプルで真っ直ぐなヒーリングが、“HIKARIヒーリング”です。

 

​こちらもお読みください→
 

動物からのメッセージ

 

現在のパートナーであるネオの一代前に共に生きたキーちゃんが、世界的にも非常に稀な難病に
かかったことで、人生の扉が次々に大きく開けていきました。
短くも濃すぎる生涯を駆け抜けたキーちゃんとの共病(闘病)は、常にヒーリングと共にあり、
数々の奇跡と沢山の出会いに導かれました。
今はネオがキーちゃんからのバトンを引き継ぎ、共に歩んでくれています。

 

キーちゃんやネオだけでなく、過去に関わりのあった愛しい相棒たちの言葉を
アニマルコミュニケーターの皆さんから届けていただいたことは、悲しみから立ち直ったり、

絆や愛や理解を深めたりするのに大きな力となりました。

​​その経験により、HIKARIヒーリングでは、アニマルコミュニケーションも用い、彼らの想い
やヒーリング中に得られた情報もお届けいたしますが、ご依頼の症状に関する内容や、
彼らが伝えてきてくれたことに限らせていただいておりますので、ご了承ください。

ホリスティックな視点

ホリスティック(からだを心や環境などまるごと全体から見る健康観)なアニマルケアや動物のための看護学、自然療法の観点も学んでいます。

からだに優しい自然薬・自然のサプリメントや漢方薬などは、からだ本来の自然治癒力を高めるのに有効です。

西洋医療のお薬や対症療法ももちろん重要なことですが、並行して自然の力のサポートをお借りすることで、自然治癒力が高まることも多くみられます。

小さなからだの動物たちは、ヒトよりもより早く効果も出やすいですし、反対に有害なものも少量でも影響が出やすいことを心に留めていただければと思います。

 

オススメのケアなどについては、ブログでご紹介しております。

スクリーンショット 2021-03-30 8.03.52.png
​相棒たち

ある日突然やって来てくれたクリスタルアカデミーのカトリーナ・ラファエル先生が使われていたレムリアンシード

スクリーンショット 2020-07-23 8.27.06.png

最愛のネコたち

スクリーンショット 2019-03-11 9.23.12.png
我が友お馬たち
​ご参考までに・・・


• ヒーリングは対象のご家族もご一緒に受けてくれることもあります→

Lamplight animal healing